1. HOME
  2. コラム
  3. GAMEハイライト
  4. 吉田HCが選ぶ厳選ハイライト10GAMES vol.3
GAMEハイライト
吉田HCが選ぶ厳選ハイライト10GAMES vol.3

吉田HCが選ぶ厳選ハイライト10GAMES vol.3

GAMEハイライト

今シーズン、皆さんの力を背に熱い戦いを繰り広げた岩手ビッグブルズ。
チームを率いたのは、若干22歳ながら冷静かつ経験豊富な采配を振るった吉田優磨HCだ。
そんな吉田HCが今シーズンを振り返り、10試合のハイライト映像を皆さんにお届けします。

10.26.19 vs GIFU①

〜総括〜

5連勝で望んだアウェイ岐阜戦。開始早々スタートダッシュを切られ1Qは6-17の11点ビハインドから始まった苦しい試合でした。
ハーフタイム、ロッカーで自分たちのやるべき事をもう一度全員で確認し合った選手たち。しかし、なかなか点差を離す事が出来ないジリジリした展開は続き、終盤に再逆転をされました。そんな中、勝利を重ねながら得た自信、そして誰一人諦める事ない貪欲なプレーの結果、最後の最後にもう一度逆転。執念
が実った1試合でした。

~10~

スティールから持ち味のスピードでゴールまで一直線。ディフェンスの人数の方が多いですがそれをもろともせず一気にレイアップまで繋げました。

~9~

ルーズボールを泥臭く全員で絡みマイボールにしてそこから得意の速攻に繋げました。ゴール下でディフェンスをしているのはガードの選手なので中々#35ヘラルド選手のレイアップを止める事は出来ません。

~8~

味方のスクリーンをしっかり使い得意のミドルシュートを決めました。ディフェンスがスクリーンの下側を通っているのを確認してからのシュートなので素晴らしい判断です。

~7~

身体の強さを活かしゴールにアタックしファウルを受けながらスコアしたシーンです。追い上げてる時に更にチームにエネルギーをもたらしてくれたプレイです。

~6~

得意のハードなディフェンスを最前線で準備。パスが飛んでもすぐにボールに反応し味方と協力しダブルチーム。味方がボールを奪ったらまたすぐゴールへ走り込みイージースコア。得意の切り替えの速さが目立ったシーンです。

~5~

得意のピックアンドロールでゴールにアタック。ヘルプディフェンスが居ても焦らず落ち着いてシュートを決めました。しっかりディフェンスを抑えた#8エリック選手のスクリーンもポイントです。

~4~

1点を争う重要な場面で得意のコーナーからの3Pを決めたシーンです。
#0藤江選手が強気でゴールへアタックしディフェンスを引きつけてパスを出したのもポイントです。

~3~

スクリーンも使わず1on1で相手を抜き去りレイアップまで繋げました。一瞬の動作ですがたくさんのフェイントが入った動きで1on1スキルの高さが見れたプレイでした。

~2~

点差を引き離したい場面でファウルを受けながらしっかりシュートを決めたシーンです。パスを受けてからボールを下に下げずにシュートまで持って行ったのもポイントです。

~1~

4Q残り30秒、1点ビハインドの場面で決めれば逆転のシーンです。本来なら少し焦ってしまう場面ですがディフェンスを振り切り落ち着いてシュートを決め逆転に成功する事が出来ました。