1. HOME
  2. コラム
  3. GAMEハイライト
  4. 吉田HCが選ぶ厳選ハイライト10GAMES vol.4
GAMEハイライト
吉田HCが選ぶ厳選ハイライト10GAMES vol.4

吉田HCが選ぶ厳選ハイライト10GAMES vol.4

GAMEハイライト

今シーズン、皆さんの力を背に熱い戦いを繰り広げた岩手ビッグブルズ。
チームを率いたのは、若干22歳ながら冷静かつ経験豊富な采配を振るった吉田優磨HCだ。
そんな吉田HCが今シーズンを振り返り、10試合のハイライト映像を皆さんにお届けします。

11.2.19 vs 鹿児島①

〜総括〜

前節の負傷で中心選手の#35ヘラルド選手、#99バンバ選手が怪我で離脱。更に追い討ちをかけるように、これまでスタメンだったポイントガードの#16伊藤選手も欠場となるなど、厳しい状況での試合になりました。不利な状況の通り、1Qで12点のビハインドをつけられる苦しいスタート。しかしコートに立つ選手たちがプライドを持ち自分たちの仕事を全う。チーム一丸で点差をひっくり返しそのまま勝利する事が出来ました。更にこの日は#6今井選手の誕生日、#00上田選手には第一子が誕生したりするなど、良い雰囲気でチームメイトをお祝いする事が出来て良かったです。

~10~

4Q残り5分、同点の場面でコートをしっかり走りチームのスタイルであるファストブレイクを決めたシーンです。ファストブレイクはチームに勢いをもたらすプレイの1つです。

~9~

オフェンス、ディフェンスの切り替えが素晴らしく速い#5千葉選手のレイアップです。味方がボールを保持したのを確認しすぐゴールに走りレイアップに繋げました。

~8~

得意のインサイドでのスコアをしたシーンです。ディフェンスの視覚に入り相手が守りにくいポジションでシュートチャンスを狙っていました。そこにピンポイントでパスを出した#1澤口選手のアシストもポイントです。

~7~

#00上田選手のナイスディフェンスから#8エリック選手のダンクのシーンです。
追いかけている時間帯にチームに流れを持ち込んでくれました。

~6~

得意の激しいディフェンスで相手からボールを奪い取りレイアップに繋げました。前半の終わりを良い形で締めくくってくれました。

~5~

身体の強さを活かした得意のポストプレイでミドルシュートを決めました。
流れながらのシュートになりましたがボディバランスの良さを見せました。

~4~

相手にブロックされないように少し浮かしてシュートを決めたシーンです。#00上田選手のパス、そして#8エリック選手のディフェンスを抑え込んでいるのもポイントです。

~3~

試合の終盤、まだ分からない状況の中で相手にファウルをされながらも最後までゴールに向かいダンクを決めたシーンです。試合を決定付けたシュートになりました。

~2~

強気でゴールにアタック。ディフェンスが3人も来ていますがもろともせず、空中でボールを回しディフェンスを交わしてのシュート。オフェンス能力の高さが光ったシーンです。

~1~

少しずつ追い上げている時間帯での追い打ちをかけるダンク。ゴールが壊れそうなくらいのダンクで会場の盛り上がりも素晴らしかったシーンです。